大塔宮護良親王様御霊祭
当社には「大塔宮護良親王」護良親王様の御首級が密かに埋葬されてあるという古文書があり、
「御神木桂の木」の根本とされています。

平成23年4月18日 13:00

新倉観光バス渡辺一美氏が従業員と共に、玉砂利を敷き周辺整備及び献花台と香台奉納に当たり、奉告祭を兼ねて地鎮祭を行いました。
平成23年5月17日 13:30

676年の鎮魂御霊祭り
東日本大震災鎮魂御霊祭り及び復興祈願
渡辺一美夫妻の奉納された献花台、香台周
辺整備奉納祭が斎行されました。
約70人程の参列者が集い参拝されました。
玉串を捧げ、親王様の御霊を慰める為、大勢の方々が参拝され、親王様も喜ばれたと思います。

手前が献花台・香台周辺整備

奉納者 新倉観光バス
       社長 渡辺一美夫妻
一輪の花をたむけて香を焚き
みことのみたま鎮め慰む



高貴な御方なので、昔に倣い香を焚き、御霊を鎮め慰めて、御心と御力を頂いて下さい。
列者全員でお参りをし、神事を取り納めました。
親王様の御霊も清々しくなられたと思います。
此処には、不思議な縁結びの力があり、不思議な縁結びのお守りがあります。
真っ直ぐに祈る女性彼女には、必ず良い縁幸せなる結婚と、幸福なる家庭と人生が待っているでしょう。
神事が納められ、数日経っても、お参りされる方が後を絶ちません。県外の方も多数、親王様にお参りをされます。
護良親王様と雛鶴姫様が鎮まるこの桂の古蹟には、人智を越える御力が満ちあふれております。

676年の間、離ればなれであった雛鶴姫様を親王様のお傍に勧請申し上げ、未来永劫お幸せにお仕えして頂きます様お祀り致しました。

大塔宮護良親王様の御社(上)

雛鶴姫様の御社(下)
お祈りの言葉

           みこころやす
祓え給え 清め給え 御心安らかに鎮まりまして、大いなる御霊力を私に授け与えて下さい。


お参りの方法

二礼二拍手一礼


御霊力・・・(ごれいりょく、ふしぎなちから、
       みちから)
己の気、運気、霊気を高め、出世、金運、成功、良き御縁を与えて頂き、夫婦は幸せに過ごせる様にと云う大いなる不思議な力です。
また、桂の木は不思議な縁結びの力があり、元木が枯れても「ほえ」が出て、絶える事無く成功と繁栄を表しております。
そして、桂の木の葉は「ハートの形」をしており、異体同心を表し夫婦は相和し幸せに、互いに深く結ばれる。
赤い糸の引き合いを強くし、良い縁が授け与えられる。

戻る   2ページ